IRのような広報活動では、企業のさまざまな情報を開示して、信頼できるということを投資家に納得してもらい、これからも投資を継続してもらったり、増やしてもらい、将来の経済活動の資金を集めるということも目的のひとつです。情報開示ができていて、正しい企業価値の判断をしてもらえば、その分もっと多くの投資もしてもらえます。また継続して広報活動で情報開示をしてくれる企業は、投資をする側も安心して資産運用としての投資を続けられます。そのように資金面でもお互いにメリットがあるということで、IRの重要性が良く分かるということになります。個人でも同じですが、隠している部分が多いと信頼できません。隠す部分も必要ですが、公開する部分もよく考えてしないと、株主には相手にされなくなってしまいます。そうすると一般的なイメージも下がってしまいますので、IR活動も十分吟味して行う必要があります。

これからIRが必要になる会社

インターネット社会では、会社の成長も非常に林ということで、株式上場も起業して数年で到達してしまいという会社もあります。そうなると色々な面ですべきことが多くなるということですが、そのような時にIR活動なども、専門業者に依頼して、相談しながら進めていくと、その速さに見合った活動が期待できます。脳波委が必要になる分野ですし、失敗をするとイメージが非常に悪くなります。特に素人の場合には、担当者などがその会社の顔になりますので、イメージが悪い対応などがあると、会社全体のダメージになります。氷山の一角だと見られるからです。そのようにIR活動をよく理解して始めないと、後が大変になり、イメージ回復のために非常に大きな労力が必要になります。そのようにならないためにも、よくノウハウの理解しているベンダーに協力を依頼するという方法も必要になります。IRの専門家が必要になるということになります。

企業が発表するIRについて

IRという言葉を聞いたことがあるが、上手く表現できないという方も多いのではないでしょうか。IRとは、企業による投資家に対する広報活動をいいます。具体的には、企業が投資家に向けて、経営方針、財務状況、経営活動などを発表していきます。IRを発表することにより、企業は、投資家へのアピールだけではなく、社会に対してクリーンな情報開示を行っていることにもなる為、企業のイメージアップにもつながります。また、投資家も革新的な経営活動を行っている企業に対し、株などの投資を行っていく為、企業の時価総額を上げていくことも可能になります。しかし、悪い話や予想を裏切る決算発表を行うことで、投資家の期待を裏切ってしまうこともある為、その場合、企業の時価総額を下げてしまう可能性もあります。株式投資などを検討されている方は、注意していくことが必要です。