IRというのは、株式会社であればどこでも出している物で、株主に対して会社のこれからの方針や経過報告などさまざまな情報を発信するためのもののようです。株主は、これをみてこの企業はこれからどういう方向性で経営を進めて行くんだろうという判断をし、投資に値するのか、それとも投資する価値がないと思うかなどの判断材料にしているようです。これは一番の情報源のため、ここで出された情報によってその会社の株価が上がったり下がったりするようです。また、決算など、会社の売り上げがどうなのか、なぜあがったのか、何故下がったのか、株主がちゃんとわかるようにし、その会社に行かなくても経営状態がきちんと把握できるように会社も情報を精査してきちんと出しているようです。もちろん、判断材料なので、IRが出たら株価が上がったりさがったりしますが、必要な時にきちんと出さないと株主の不信感を煽り、結果、株価が下がったりもするようです。

IRは定期的な確認が必要

株式投資や不動産投資など、投資の種類はたくさんあります。「お金を使ってお金を増やすこと」が投資の概念のため、見方によってはギャンブルも投資の一種と言えるのかもしれません。ものすごく運に左右されるため、やるかどうかは自己責任ですが。株式投資はメジャーな投資法で、企業に運営資金を提供し、業績が上がった頃に見返りを得るという社会貢献も兼ねた物です。株式投資においては企業の運営方針などの情報が重要になってきます。そう言った情報は投資家にとってはどの企業の業績向上が見込めるかの判断材料になるため、資金提供を潤滑にするためにも迅速なIRの提供が企業に求められています。IRは一度見たら終わりではなく、定期的に確認する必要があります。株式を購入して投資を続けている以上、損失のタイミングを見極める必要があるからです。

IR情報の活用について

IRとは、企業が自社の株主や投資家に対して、経営状況や今後の業績予想などの情報を広く開示し、発表する活動のことです。株主や投資家は当該情報にもとづいて投資活動を行うため、大企業であればその情報の内容が自社だけでなく、その業界全体に影響を及ぼすことがあります。さて、当該情報は主に投資家などに向けられるものである事から、一般的には、投資家の参考資料としてのものとだけとらえられがちですが、実は、就職活動の学生にも大変貴重な情報となり得ます。学生が希望業種各社の当該情報を分析することで、業界の展望や各社の特色を把握することができます。また、IRに積極的な企業は一般的に好意的に受けとめられていることから、優良企業の選別に有用です。そして何より、当該情報を踏まえた就職面接での回答が、面接官をうならせ、その心をがっちりととらえることができます。