IR(InvestorRelations)とは、株、投資信託、先物などの金融商品に資金を投資している投資家に対し、企業が行う広報活動のことです。企業を投資対象としてみる投資家の増加とともに、その企業の経営状態を判断する根拠となる情報(経営方針、財務情報など)を、企業側から開示する必要性が大きくなってきています。特に外国人投資家を含め、個人で投資する個人投資家及び外国の機関投資家の増加により、このような企業による迅速で正確な情報が投資の指標として大きな意味を持ってきつつあります。実際、昨今では企業のIRがホームページ上に発表されると、それに即座に反応して、株価が上昇したり下降したりするので影響の大きさをつぶさに感じられます。このことから、以前に比べ、IRの正確さや質が問われるようになっています。

企業がIRを行う目的

IRとは、InvestorRelationsの頭文字です。これは上場している企業が、投資家、株主に対して財務状況などの会社の経営状態などの情報を提供する活動です。昔は、企業の株を持っているのは銀行、関連企業、生命保険会社等がメインでした。もちろん、個人投資家もいましたが、個人投資家を軽視している風潮がありました。しかし、アメリカで投資家からの高額な訴訟をおこされて敗訴するケースがあったり、上場しても株を購入してもらえないケースがあると、企業は投資家に対して投資してもらえる正しい企業であることをアピールするようになって来ました。それが、IR活動になります。投資家、株主に対して正しい財務内容、企業の経営内容を伝えることは、単に株主だけに対するアピールではありません。新たな投資家を得るため、株式市場全体に対する企業の活動の一環になります。

IR活動とインターネット

IRのような広報活動の場合には、今のインターネット社会では、インターネットで情報を配信するということも必要になっています。それでIRサイトを持っている企業も増えてきていますが、そのような対策を指導する業者も増えてきています。本来はプロを集めて情報開示の場所を提供するということが今までは行われていましたが、個人投資家などを重視して、今では参加できない人たちにインターネット上で詳しい情報を開示しているという企業も増えています。そうなるとそのような企業は個人にもやさしいということで、イメージも良くなってくるということになります。投資でも個人に優しい企業と、個人を無視しているのではないかと疑われている企業があります。そうなると長期戦略でも非常に違う結果になってきます。そのような意味でも広報活動をよく考えて、長期的に対処する必要があります。

あなたに変わって、私達が変わりに責任を持って最後まで、サポートしますので、ご安心してご利用頂けます。 長年のノウハウを持つ革新的な証券代行業務により、お客様の証券業務を、サポートをさせて頂ける事が他社との違いです。 従来よりもサービス対象エリアの拡充を強化し、より多くのエリアにてお客様のご満足を全力でご提供いたします。 IR支援会社のパイオニア アイ・アールジャパン